格安SIMを使うために必要なこと

さて、格安SIMについて分かってきたでしょうか?

一言で言いますと、

電波は一緒で今より安くなる!

もうこれでしょう!

では、今の会社からどうやって変更すればいいのでしょうか?

用意するものと注意しないといけないことを解説していきましょう!

用意するもの

まずはもちろんスマホです!

ただ、このスマホは格安SIM会社でも販売しているので、

そちらを購入してもらっても大丈夫です!

では、今使っている機種をそのまま使いたいという方は

こちらのSIMロック解除のページをご覧ください。

今の会社から番号そのままで移る場合は、MNP予約番号という番号が必要です。

この番号は会社によって取得方法が変わります。

近くにショップがある方はショップで取得が可能です。

でも、行くのもめんどくさいなぁ〜という方は電話で取得することができます。

以下が各会社の電話先ですので、契約者自身の電話でおかけください。

ドコモ 「151」

au 「077-75470」

ソフトバンク 「※5533」(米印と5533」

ワイモバイル 「151」

そして、契約には書類が必要です。

まずは本人確認書類ですが、ほとんどの会社が以下のどれかになります。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国旅券)
  • 住民基本台帳カード(写真付のみ)
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証+補助書類

補助書類に関しては、

  • 公共料金領収証
  • 住民票(記載事項証明書)
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

上記は全て発行日から3ヶ月以内のものとなっています。

もちろん契約する会社によって若干変わりますので、確認しましょう。

そして、一番大事なものはこれ

クレジットカード

これがないと格安SIMのほとんどは契約ができません。

UQモバイル、楽天モバイル、ワイモバイルは店頭受付のみ口座振替ができるようですが、近くにお店がある場合はお問い合わせください。

クレジットカードを持っていないという方はこれを機会に作ってみてはいかがでしょうか?

これで必要な書類とスマホは揃いましたね?

では、次に注意することを解説していきましょう!

注意すること

格安SIMを契約する上で注意することは

まずは今使っているスマホが契約する格安SIM会社で使えるのか?

そちらはまた別のページで解説しますので、

こちらからどうぞ!

次に注意することは今使っている大手3社の契約についてです。

というのは、基本みなさんは2年間の契約をしていると思います。

ですので、2年に1回やってくる契約更新月(3ヶ月間)以外で解約をすると

9,500円(税別)の違約金がかかってしまいます!

そして、現在利用している会社へ転出料が必要です。

転出料は会社によって異なりますが、2,000円か3,000円です。

2つがかかる方だとやめるのに13,000円ほどになります。

月額が安くなれば、これぐらいの金額はすぐにペイできてしまいますよ!

そして、今使っているスマホは一括で購入していますか?

ほとんどの方は分割で機種を購入しています。

その分割金の残債も一括か今まで通り分割かで支払う必要があります。

まあ、この分割金を支払っていても今よりも安くなると思いますけどね!

もし、以前にドコモなどでキャンペーンで安く機種を購入している場合は、

その機種をある一定期間持つことが条件となっているものもあります。

それも機種や契約によって、違約金とは別に数万円のキャンセル料が発生する場合がありますので、MNP予約番号を取得するときに詳しく聞いておいたほうがいいですよ!

これで注意事項は終了です。

これらをご理解していただき、あとは各会社のホームページで契約をしてもらえれば、格安スマホ生活の始まりです!

では、みなさん通信費を浮かして、いいお食事や遊びに出かけましょう!


スポンサーリンク
ピピ★インフォ
タイトルとURLをコピーしました