ドコモ、au、ソフトバンクにはあるのに、格安SIMにはないプラン!?

ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)にはあるのに、

格安SIM(MVNO)にはないオプションがあることを皆さんはご存知ですか?

それは、

通話定額

そうなんです!

結構、格安SIMを検討している方が悩まれることに、

「通話」があるのですが、

格安SIMの会社には通話定額(話し放題)と言われるプランはないんですね。

実は、楽天など一部の格安SIM会社には通話定額のプランは存在していたんです!

あれ?存在していた?

そう、過去形なんですね。

以前はありましたが、現在はありません。

これには理由があるんです。

これを読み解くにはまず電話番号の仕組みを知ることが必要です。

まず、皆さんがスマホや携帯電話で使っている電話番号は、

どこが発行しているのでしょうか?

ドコモで新規発番をした電話番号、auで新規発番をした電話番号、

ソフトバンクで新規発番をした電話番号、格安SIM会社で新規発番した番号。

これ全部、元を辿ればNTT、すなわちドコモにたどり着きます。

そうなんです!

日本で発番する通話のできるモバイル系の番号は全てNTTの持ち物なんです!

だから、簡単にMNP(モバイルナンバーポータビリティ)ができるんです!

これは家の固定回線でも同じで、NTTで発番した固定電話の電話番号は、

今やいろんな会社が提供している光回線の光電話にも番号そのままで移動ができるんですね!

ということは、その逆でeo光、au光、コミファ光、J:COMなど光回線やケーブル回線のインターネットと同時に発番した電話番号はどうでしょう?

そうなんです!

NTTの固定回線番号以外で発番した電話番号は、他の光回線に乗り換えたとしても電話番号そのままで移動することができないんです!

電話番号の仕組みはお分かりいただけたでしょうか?

では、元がNTTだとして、何故通話定額のプランを格安SIM会社は提供できないのでしょうか?

その答えはすごく簡単です。

例えば、スマホから電話のアプリを利用して電話をかけたとしましょう。

まず、その電話は各社のサーバーでデータが送られます。

相手先の電話番号を認識してその人につなげる役割をする機械があるのですが、

それは全てNTTの機械で行われるんです!

ですので、NTTは通話で利用したデータ分を各社に従量課金として請求を行います。

ということは、大手のドコモ(自社)、au、ソフトバンクは相当数のユーザーがおり、

かつ収入もまとまってあるため、データ通信やその他で得た利益をそちらに回すことが可能となっており、

通話定額プランを提供することが可能なわけです!

でも、格安SIM会社はどうでしょうか?

おそらくARPU(総顧客単価)は、大手3社は4,500円程度あるのに対し、

格安SIM会社では2,000円程度しかありません。

上記にはもちろんたくさん話しをする人もいればほとんど話しをしない人もいます。

では、格安SIM会社で話し放題を提供するとどうなるでしょうか?

顧客単価が低いのに、通話をたくさんされ、接続した分の請求がNTTより来てしまったら、利益なんてほとんどない、または赤字経営となってしまうのです!

実際、初めの方にも書きましたが、楽天も参入当初は通話定額プランを提供していました。

しかし、楽天が思っていた以上に通話定額の需要が大きく、儲けがほとんどなかったんですね。

そのため、すでに加入中のユーザーに対してもサービス終了後は通話に関しては従量課金となってしまったのです。

しかし、格安SIM会社も大手の資金力を黙って見ている訳ではありません!

NTTに接続をされると料金を請求されるのですから、違う方向から攻めることにしたんです。

それがLINE通話のようにデータ通信を使った電話サービスの提供(元々相互音声用でないため音質に難有り)、

そして、昔にあった「0033」など相手電話番号の頭に指定の番号をつけて電話をかけ、他の通信事業者のサーバーに接続してNTTのサーバー接続を迂回して電話をかけるという方法です。

ただ、これらでもNTTより安いというだけで、お金がかからない訳ではないため、

通話定額ではなく、ある一定の分数を設定したり、NTTサーバーに繋ぐよりも半額程度で利用ができる仕組みを作っています。

しかし、上記2つの仕組みには障害が一つだけあります。

それは、元々スマホにインストールされている電話アプリを使えないという点です。

初期インストールされている電話アプリは直接NTTサーバーへ接続されていましますので、各社の割引通話を利用するには各社の提供している電話アプリを使って電話をかけることが必要です。

これは格安SIM各社でアプリが違うので契約している会社やプランに合わせてインストール、使用をしてください。

特に気をつけたいことは、電話が自分にかかってきた場合は、必ず初期インストールアプリへかかってきますので、折り返しの電話をする場合は、

自身でインストールしたアプリからかけることを忘れないようにしましょう!

いかがでしたでしょうか?

ちょっと言葉足らずで分かりにくいところもあったかと思いますが、

格安SIM会社には通話定額プランがない理由はお分かりいただけましたでしょうか?

データを使う人には格安SIM、電話を利用するには大手と言われる所以はこういうところにあります。

そう言われる理由は、あくまでも電波ではなく、NTTのサーバー接続料金の問題だったんです。

どれぐらいの電話をどういう状況で利用するのか

しっかり考えて、大手で契約をするのか?

格安SIM会社に乗り換えるのか?

しっかり自身の利用傾向を考えて契約をするようにしましょう!

そうしないと電話料金だけで大手と変わらないぐらいの請求がくることもありますので、注意しましょう!

最後に、通話もしたくて、安くスマホを運用したい方にオススメの会社を2つだけご紹介いたします。

①ワイモバイル

ソフトバンクの別事業の格安会社です。

CMでも流れているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

こちらは大元がソフトバンクですので、通常のプランでも10分以内の通話は何回でも通話無料!さらに追加1,000円で通話定額オプションに加入できます!

\  最新キャンペーンはこちら  /

②UQモバイル

こちらはauの子会社ですね。

UQモバイルは2つの通話プランから選ぶことができます。

「おしゃべりプラン」は5分以内の通話は何回でも無料のプランです。

短い通話が多いかたにオススメですね!

「ぴったりプラン」はプラン別で月トータルの無料通話時間が決められたプランです。

長い時もあれば短い時もある方にオススメのプランです。

\  最新キャンペーンはこちら  /

コメント

タイトルとURLをコピーしました