遂に日本発売決定!Zenfone6登場!

Zenfone6

ASUS JAPANは8月20日、最新スマートフォン「Zenfone6」の日本発売を発表しました!

海外では5月に発売されていた機種で、満を辞して日本での発売となります。

発売日は8月23日。

Zenfone6の特徴は何と言ってもカメラでしょう!

今までのスマートフォンはフロントカメラとアウトカメラが搭載されていて、セルフィーはインカメラで撮影して、景色など高度な写真はアウトカメラで撮影するのが当たり前でした。

しかし、このZenfone6にはインカメラが存在しません。

では、どうやってセルフィーを撮影するのかというと、こう!

そうなんです!アウトカメラが180°回転してインカメラへ早変わり!

すごい発想ですよね!

しかも、これを自動で行うことも、途中で止めて上を撮ったりすることもできるんです!(ボリュームキーで操作可能)

これは写真撮影に革命が起きるかもしてませんね!!!(言い過ぎ?)

これにより、セルフィーでもいい画質のカメラで撮影でき、デュアルレンズももちろん搭載しているので、ポートレートもお手の物です!

ちなみにカメラは有効画素数約4800万画素のメインカメラと有効画素数約1300万画素の超広角カメラで構成されています!

これは写真好きにはたまらない仕様ですね!

もちろん動画は4K対応で60fpsの撮影が可能。

しかも、この4K60fpsで電子式手ブレ補正にも対応!

スゲェー、、、

しかもこれが自撮りでできるんですもんね!

Go Proもびっくり仕様ですよ!

そして、この回転式カメラのいいところとして、もう一つ大きな特徴があります。

それが、スマホの命との言うべきディスプレイ。

インカメラを搭載しないことで、ディスプレイ側にノッチがない全面ディスプレイを実現しました!

たまにしか使わないインカメラのせいで変なノッチがあるスマホが多い中で、この発想で何も気にせずスマホの画面を見れることはユーザー目線として嬉しい仕様ですよね!

そのディスプレイは6.4型のフルHD+(1080×2340)のIPS液晶を搭載。

ほぼベゼルのない仕様で、画面占有率は驚異の92%!

強化ガラスは、「Corning Gorilla Glass6」を採用と申し分なし!

プロセッサはQualcommのSnapdragon 855。

「AI ブースト」を有効にするとさらに10%の性能アップまでできるとのこと。

サイズは75.4×159.1×8.4〜9.1mm。

重さは190g。

OSはAndroid9.0をプリインストール。

バッテリーも5000mAhを搭載し、約789時間もの連続待受け、約2250分の連続通話、約23.5時間のWi-Fiブラウジングができます。

そして、もちろん急速充電にも対応しており、他のUSB機種の充電もできる「リバースチャージ」にも対応!

外部入力端子はUSB typeCで、イヤホンジャックも備えている。

SIMカードスロットはDSDV対応で2枚のSIMを同時に利用でき、microSDカードは別スロットで対応できるという嬉しい仕様!

国内キャリアではNTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのデータ通信、VoLTEが利用できます。

認証システムとしては、背面についている指紋認証のほか、動くカメラを利用した顔認証にも対応!

側面にはGoogleアシスタントを呼び出せる「スマートキー」も搭載!

なんだこのモンスター端末は!?

そろそろ機種変更を考えている方には選択肢に入る機種になるのではないでしょうか?

ちなみに価格は、128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円となっています。

カラーは、トワイライトシルバーとミッドナイトブラックの2色での展開です。

これはぜひ実際に見てみたい!と思わせる端末ですね!

発売日が楽しみですね!

Zenfone6

Amazonでチェック!

動くアウトカメラ!

驚異の全面ディスプレイ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

\ ↑ワンクリックご協力お願いします!↑ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました