Apple Watchに画面交換プログラム開始!

8月30日に、Appleは「Apple Watch」のSeries2とSeries3のアルミニウムモデルを対象とする画面交換プログラムを開始しました。

Apple曰く、「非常に稀な状況下で画面に亀裂が発生する可能性がある」ということです。

どういうこと?という感じですが、ガラスが割れるというよりは、縁に沿って亀裂が入るというものらしいです。

下手したらその亀裂が上の画像のように一周することもあるのだとか、、、

一体どういう状況なんでしょうね?

気温の変化とかでしょうかね?

対象モデルは、2016年9月から2019年9月に発売された「Apple Watch」Series2とSeries3のアルミニウムモデルです。

38mmも42mmもどちらも対象になっています。

Apple Watchはいろんなモデルが発売されていますので、自身の「Apple Watch」が交換プログラム対象なのかどうかは以下のサイトで確認してみてください。

Apple Watch画面交換プログラム

「Apple Watch」の交換プログラムはおそらく初めてではないでしょうか?

歴代iPhoneでは、画面の交換プログラムだったり、カメラの交換プログラムだとか、電波が弱くなるのでケースを配ったり。

Macbookでは、キーボードの交換プログラムも実施中ですね。

初期不良みたいなのは良くないですが、少なくとも知らないフリをしていないだけいいと思うしかないでしょうかね。

もし自身の「Apple Watch」が対象の人は近くのAppleのお店を予約して、早めに交換してもらいましょう!

ただし、他の部分で故障や画面割れをしている場合は、そこの修理もしないといけなくなる可能性もあるので、注意が必要ですね。

予約は以下より行ってください。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください。
  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。
  • Apple サポート:こちらからお問い合わせください。サポート担当者が Apple リペアセンターへの配送修理の手配をさせていただきます。

ちなみに修理期間はおおよそ5営業日です。

早くても1週間は腕に「Apple Watch」がなくなってしまうんですね。

多分私の「Apple Watch」も対象だろうと思いますが、1週間も「Apple Watch」がないのは生活に支障が出そうな気がしますね、、、

もう新しいやつ買ってもいいかもしれないなぁ〜

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマホ・携帯ランキング

\ ワンクリックご協力お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました