USB Type-C端子で40Gbpsの伝送速度を達成!「USB4」を正式発表!

9月4日、USB規格を策定する「USB Implementers Forum(USB-IF)が次世代のUSB規格「USB4」の仕様を正式に発表しました。

仕様表はWEBサイトからダウンロードもできます。

今年3月にUSB Promoter Groupが発表はしていましたが、改めて正式発表された形となります。

「USB4」の最高速度は40Gbpsとなり、最速!!

今回の「USB4」の仕様変更として大きいのは速度だけではなく、データ転送技術の進歩です。

「USB4」は「USB3.2」の2倍となる帯域幅となります。

現行の「USB3」規格では、電源、データ転送を同時に行えるという点が非常に大きな変更点ではありましたが、設定によって、動画とデータを同時に転送できなかったり、極端に速度が落ちるといったことが問題点でした。

それが、「USB4」からは例えば、8Gbpsを必要とするディスプレイを接続したとしても、残りの32Gbpsをフルにデータ転送に使えるように仕様を変更されており、さらにいろんな接続をしても効率よく帯域幅を使えるようになりました。

互換性としても、「USB3.2」「USB2」「Thunderbolt3」を維持します。

もちろん速度は出力端子、入力端子種別に依存します。

USB Type-Cのケーブルも「USB4」の認証を受けている必要があります。

Apple Music

ただ、この「USB4」を実際に利用できるようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

というのも、これらの変更点に関して、「USB4」の端子を製造するのには、「USB3.2」よりも複雑な工程があるため、まずはそこの量産体制が取られるまでは一部の機種のみの規格となりそうです。

ここはちょっと残念ですね。

プログラム的な違いではなく、物理的な規格変更ですので致し方ないですかね。

でも、これだけの伝送速度があるとなるとこれからモバイルでは5G時代が到来し、大きなデータを扱うことも増えてくるでしょうから、スマホにもこの規格が登場すれば一気に世界の動きは変わってくるでしょうね!

4Kから8Kへと動画の解像度も増えていき、もう何GBとかではなく、何TBでのデータのやり取りも一般家庭で増えてくることでしょうね。

「シンギュラリティ」など技術の進歩は止まることを知らず、果たして10年後にはどんな未来になっているのでしょうか?

非常に楽しみです!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマホ・携帯ランキング

\ ↑ワンクリックご協力お願いします!↑ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました