ワイモバイルの新プランを解説!2年契約なし!

9月9日、ソフトバンクはサブブランドとして展開しているワイモバイルの新プランを発表しました。

先日発表されたソフトバンクの新プランと同様に2年契約、違約金がないというのが大きな特徴です。

解約金0円プラン発表!さすがソフトバンクだね!

そして、基本料金も全体的に値下がりし、同時に機種代金も大幅に値下げ!

では、解説していきましょう!

スマホ基本プランは3タイプから選択可能

まずワイモバイルは、基本料金やパケット料金を選ぶといった複雑な選択式ではなく、全てがバンドルされた3つプランから選びます。

ですので、通話だけやデータ通信だけといった契約はできません

では、実際にプランを見てみましょう。

基本的にワイモバイルではこの3つのプランだけになります。

全てのプランには国内通話が1回10分以内の回数無制限の無料通話が付いています。

10分超過後の通話料金は20円/30秒となっています。

「0570」や「0800」など一部無料通話対象外もありますので、注意してください。

無料通話対象外の詳細はこちら

もし、10分以内では通話が足りない方には、国内通話が回数無制限でかけ放題の「通話定額オプション(1,000円/月)」も提供されます。

では、次はデータ通信です。

表の通り、Sプランは2GB、Mプランは6GB、Rプランは10GBの通信容量から選ぶことができます。

ここに「データ増量オプション(500円/月)」の加入で各プランの容量が増量されます。

契約から2年間は「データ増量オプション」は無料となっています。

3年目からは月額料金が発生しますので注意してください。

この「データ増量オプション」は単にデータを増やすというわけではありません。

通常、月のデータ容量を全て使い切ると低速になりますよね?

低速通信を高速通信に戻そうと思うと、ワイモバイルの場合、500MB分を500円で購入することができます。

この追加購入の代金が規定数まで無料になるというのが「データ増量オプション」というわけです。

表にするとこんな感じです。

ちょっとここは複雑な感じがしますが、上記の回数分を自動購入にしておけばわざわざ毎回購入をする必要もありませんよ( ^ω^ )

インターネットセット割引や新規割引もあるよ

現行のプラン同様に、インターネット回線との割引も利用ができます。

ソフトバンク光、Softbank Air、提携ケーブル会社のインターネットとセットにすると、「おうち割 光セット」で全てのプランから永年500円引きとなります。

もし、上記のインターネットにすることができない方には、2台目以降が500円引きになる「家族割引サービス」もあります。

「家族割引サービス」は「おうち割 光セット」と併用割引はできませんので、注意してください。

そして、上記の割引と別に「新規割」も提供されます。

キャンペーン期間中に新規、他社からの乗り換え(MNP)・番号移行、または契約変更にて契約をした人は、加入の翌月から6ヶ月間基本料金が700円引きとなります。

「新規割」は「おうち割 光セット」「家族割引サービス」ともに併用が可能です。

では、新規契約時Sプランでの料金の推移を見てみましょう。

(初月は1日に契約したと仮定した場合の料金です)

こんなイメージですね( ^ω^ )

上記の料金に機種代金があれば加算されると思ってもらえれば大丈夫です。

ややこしいプランが多い大手キャリアとは違い、こう見るとシンプルでしょ?

この料金で契約期間も違約金もないんですから凄いですよね!

今月は新型iPhoneの発表もあるでしょうし、SIMフリーで購入して、通信契約をワイモバイルにすると大手よりも大幅に月々の料金を下げることができるのではないでしょうか?

ぜひ検討してみてください!

\ ↓✨お得なキャンペーンはこちら✨ ↓ /

Apple Music
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマホ・携帯ランキング

\ ワンクリックご協力お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました