LINEで次は仮想通貨取引が可能に!?

LINEでは、先月は小額株取引ができるようになったことが話題となりましたが、次はなんと仮想通貨取引まで可能になりました!

LINE証券がiOSにも対応!1株数百円で売買ができる!

日米以外の国では取引がすでにされていたサービスですが、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供をAndroid版LINEアプリにてスタートしました。

仮想通貨取引といえば、有名なのはビットコインですが、不正アクセスによる大流出により大暴落も今年は話題となりましたよね。

一時期は危ぶまれた仮想通貨ですが、現在はある程度値を戻し、安定した取引が行われているようですね。

今回の仮想通貨取引サービスでの対象銘柄は、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)の5種類。

日本円の換算で1,000円以下から取引ができます。

その入出金方法も、LINE PayとLINE Payで登録している銀行口座から入金ができるようになっています。

もちろん怖いのはそのセキュリティだなと思われている方も多いと思いますが、不正送金対策にはアメリカのブロックチェーンセキュリティ企業の「BitGo」の技術を採用し、仮想通貨の管理はコールドウォレット(インターネットから切り離された場所で保管すること)を採用しています。

そして、LINE社内にはセキュリティ専門チームを設置して管理体制を強化するとしています。

フェイスブックも仮想通貨(リブラ)への参入を表明していますし、まだまだ仮想通貨は盛り上がりを見せていくのかもしれませんね。

私も10年ほど前にビットコインの存在を知っていましたが、あの時なんて1BTCがお小遣いで買えるような金額でしたから、あの時に買っていたら今頃大金持ちになっていたかもしれませんねw

いやぁー、惜しいことをしましたね。

そんな人生をも変えてしまうほど値上げ、値下げの乱高下の激しい仮想通貨ですが、投資という目的ではなく、それこそインターネット上での取引に於いて、メインの通貨となる日もそんなに遠い未来ではないのかもしれません。

その準備として、お小遣い程度でビットコインなんかを持っておくというのはあながち悪いことではないようにも思いますね。

もちろん投資といった分野では、このサイトの趣旨とは違うので、下手なことは書きませんが、自分の背丈にあった支出で行うにはいいのではないでしょうか?

あくまでも自己責任で行いましょう。

しかし、やっぱりまだ仮想通貨取引には夢があるかもしれません。

ちなみに、取引を行うには、日本在住で満20歳以上満75歳未満のユーザーが対象となり、本人確認を行なって、審査があります。

私も口座だけは持っておこうかな?

トレードは週1回!少額でも月30万円儲かるビットコイン革命 [ ひろぴー ]
created by Rinker

Apple Music
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマホ・携帯ランキング

\ ワンクリックご協力お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました