Xperiaがまさかのワイモバイルから発売決定!

まさかの発表でしたね!

なんとワイモバイルから初のXperiaが登場です!

その名も「Xperia8

そのお値段も、なかなか頑張ってますね。

税込54,000円!

では、そのスペックを見ていきましょう!

大きなディスプレイ

上位モデルのXperia1同様に、21:9の約6.0インチのディスプレイを搭載しています。

ただし、値段相応に、ディスプレイはIPS-TFT液晶となっています。

解像度は2,520×1,080のフルHD+となっており、通常使用であれば問題ないでしょう!

映像はブラビアで培った技術「TRILUMINOS Display for mobile」で豊かな自然の色合いも精細に描写することが可能となっています。

デュアルレンズ搭載

カメラも手抜きはなく、アウトカメラは約1,200万画素 + 800万画素デュアルレンズを搭載し、背景をボカして撮影することはもちろん、料理や人物、夜景や逆光など、13種類のシーンに合わせた撮影を行うことが可能となっています。

もちろん手ブレ補正も搭載し、写真だけでなく、動画にもしっかり適用されます。

動画は最大4Kでの撮影が可能となっており、microSDにて撮影容量を増やすこともでき、こちらは最大512GBまで対応となっています。

インカメラは約800万画素となっています。

音楽聴くのも外でも安心

もちろんXperiaですから、音楽にも力を入れています!

ハイレゾ音源の再生はもちろん可能

3.5mmオーディオジャック搭載で、いつものイヤホンをそのまま利用することが可能!

もちろんワイヤレスイヤホンにも対応していますよ!

そして、Xperiaといえば防水機能!

IPX5・IPX8 / IP6Xとなっており、少将の雨や水回りの作業でもへっちゃらです!

USB端子ももちろん防水対応ですので、キャップをつけたりもしなくて大丈夫!

スペック

では、最後に基本スペックを確認しましょう。

CPUはSnapdragon630(2.2GHz×4 + 1.843 GHz×4)のオクタコア

メモリは4GB、内蔵ROMは64GBとなっています。

最近のスマホでいうと、ミドルレンジですね。

しかし、国内のメーカーで内蔵ROM64GBは結構頑張っている感じがしますね!

バッテリー容量は2,760mAhと少ない感は否めないものの、連続待受時間は約680時間となっており、STAMINA® モードも搭載されております。

おサイフケータイにも対応しております。

まとめ

21:9の大型液晶ディスプレイを搭載し、ハイレゾ、4K動画撮影も搭載!

デュアルレンズでのボカし撮影も可能!

ハイレゾ音源にも対応し、IP6Xの防水性能!

おサイフケータイにも対応したミドルレンジスマホとなっています。

これがXperiaで5万円代で出るというのはなかなかいいのではないでしょうか?

こちらの発売日は10月下旬となっています。

Xperiaを使いたいけど、毎月の料金を下げたいと思っている方にはちょうど良いスマホですね!

これは要チェックですよ!

↓ 詳しくはこちらをチェック! ↓

Apple Music
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマホ・携帯ランキング

\ ワンクリックご協力お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました